不要になった家電製品の回収前、回収後の流れを解説

>

不要な家電製品回収の料金相場

リサイクルショップでリサイクル

不要になった電化製品はリサイクルショップの出張買取りサービスや直接持ち込んで査定してもらい、買い取ってもらう方法があります。
粗大ゴミとして捨ててしまうと費用がかかってしまいますが、リサイクルショップで買い取ってもらうことができれば、逆にお金をもらうことができるのです。

もちろん、査定によっては買い取ってもらえない場合やとても安価な値段での買取りしかできないこともありますが、ただ粗大ゴミとして廃棄してしまうよりは、一度査定してもらったほうがお得だと思います。

買取りしてもらった家電は、リサイクルショップのほうで綺麗にし、再度使えるような状態にしてから店頭で売り出され、もう一度使ってもらうこともできますので、捨てるのは気が引けるという方にもお勧めです。

リサイクル券の購入

家電の中でも、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目は特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の対象となるものです。
再利用できる部品や材料などをリサイクルし、廃棄するものを少なくしていき大切な資源を守るための法律となっています。

この4品目を廃棄したい場合は購入した販売店に問い合わせるか、買い替える時は新しいものを購入する販売店で有料で引き取ってもらうことができます。
各販売店によって引き取り方法などさまざまな点で違いますので、必ず確認するようにしましょう。

実際に引き取りに来てもらった時に、家電リサイクル券に記入することになります。
それは回収時か店頭でかはわかりませんが、この家電リサイクル券を記入して正しい方法でリサイクルすることで、資源の有効活用に繋がるのです。